相続手続.com » 汐留パートナーズ税理士法人 概要

汐留パートナーズ株式会社 会社概要

事務所概要

事務所名汐留パートナーズ税理士法人
[英文名:Shiodome Partners Accaunting Firm]
代表者代表社員 前川 研吾(公認会計士(日米)・税理士・行政書士)
代表社員 長谷川裕哉(税理士)
代表社員 佐藤 隆太(税理士)
構成員数80名 (グループ合計120名)
事務所設立平成24年8月8日(創業:平成19年7月1日)
所在地〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階
電話03-6228-5505(代表)
URLhttp://www.shiodome-ac.jp/
取引銀行みずほ銀行 浜松町支店
事業内容税務相談・節税対策
決算申告・確定申告
事業継承・相続税申告・遺言書作成
記帳代行・経理サポート
連結納税支援
資金繰り・資金調達支援
原価計算・管理会計導入支援
会計ソフト導入支援
その他

事務所のご紹介

JR線「新橋駅」銀座口より徒歩3分。地下鉄「新橋駅」出口1より徒歩2分。

担当

弊事務所の税理士、弁護士等の専門家が相続、遺言、事業承継等、相続全般についての手続きをご支援いたします。

税理士相続税の申告、贈与税の申告を中心に支援致します。事業継承とは経営のバトンタッチ、事業を継承するという事です。事業継承をするにあたってまずは、現状把握を行い問題点の明確化や有効な対策を立案致します。 現状把握をすることにより、事業の発展という観点からも有効に機能します。また、事業継承のためには、後継者の選定・教育、株式の継承、株主対策などの様々な問題がありますので、その問題を一つひとつサポートしていきます。
弁護士相続関係 相続人の範囲と遺産の範囲、遺産分割の方法、相続放棄の方法、遺言の仕方、家庭裁判所での調停・審判の準備、相続人トラブルの解決などを支援致します。

遺言は意思能力があれば満15歳以上で遺言を書くことが可能ですが、遺言の方式は法律で定められており、法律に定める方式に違反した遺言は無効となってしまうので注意が必要です。遺言の作成は弊社の弁護士がお手伝いいたします。

遺言には大きく分けて「普通方式」と「特別方式」の2種類があります。普通方式には、自分で遺言者が自筆する「自筆証書遺言」、公正証書役場に行き、口述をして遺言書を作成してもらう「公正証書遺言」、公正証書遺言と同じように公証役場で作成し遺言書の内容を密封して自分で保管する「秘密証書遺言」の3種類があります。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールでこちらから 「相続手続.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
専門家に気軽に
ご相談ください。
汐留パートナーズグループ
関連サービス


汐留パートナーズ税理士法人
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら